小学生でも脱毛できるの?

近年、無駄毛を気にする小学生が増えています。

 

脚、腕、ワキ、背中など。無駄毛の悩みに関しては大人とそれほど変わりません。

 

少しでも体毛が濃いと、クラスメートにからかわれたり、体育や水泳の授業などで恥ずかしかったり、コンプレックスに感じるからです。

 

小学生からこのようなコンプレックスを抱くのは、ちょっと可哀想です。ただ、特にこの時期というのはホルモンや第二次成長に関わることなので、恥ずかしさやコンプレックスにつながりやすいのです。

 

自分や母親にお願いしてお手入れをしている子もいるようですが、小学生のお肌というのは大人に比べてデリケートですからね。頻繁に無駄毛の処理を行うことはお肌を痛めることになってしまいます。

 

そのあたりも考慮するとやはりムダ毛処理するなら脱毛のプロにお願いするのが良いわけですが、そこで、気になるのが小学生でも脱毛はできるのか? です。答えはYESです。ただ、気をつけなければならないことがあります。

 

それは小学生の場合、まだ皮膚が薄く、大人に比べて3分の2程度敏感のため、レザー脱毛は刺激が強すぎるので施術できないのです。

 

医療だからといって仮にレーザー脱毛で施術したとしても、大人と違い痛みに苦しんだり、火傷を負うことになりかねませんからね。

小学生でも可能な光脱毛

小学生でもできる脱毛の施術方法は、光(フラッシュ)脱毛になります。

 

光脱毛というのは、生えている毛に光の熱伝導を使いながら毛の元となっている毛乳頭にダメージを与えて脱毛する施術です。

 

光の強さを調整して小学生に施術するサロンがほとんどですが、施術時の熱や火傷などには十分注意してください。

 

なお、最近では光脱毛とは違う、子どものための脱毛を行っているサロンもありますので、問い合わせをしてみるとよいでしょう。

 

子どものための脱毛とは、生えている毛に対しての処置を行わず、直接毛乳頭に作用する光(光脱毛とは違う光)を当てて脱毛する方法になります。

 

いずれにせよ、重要なのはサロンのエステティシャンとしっかり相談することです。多くの子どもの脱毛を経験しているサロンを選ぶのが、やはり安心ですね。